炭水化物は茶色が良い!?血糖値を押さえてダイエット

2014/07/22食材コメント(0)

D1407161

 

 

 

一時期、炭水化物抜きダイエットが流行りましたよね。確かに炭水化物はカロリーが高いので、食べなければ痩せます。でも炭水化物を摂らないと、エネルギー不足になってフラフラしたり、頭の回転が悪くなるなどの良くない影響もあります。炭水化物は生きていく上では必要な食べ物なのです。でも白米・食パン・うどんなどの「白い炭水化物」は血糖値がすぐに上昇してしまうので、ダイエットにはよくありません。そこでオススメするのが「茶色の炭水化物」です。では、早速ご紹介していきますね。

 

 

 

白米よりも、玄米

 

D1407162

 

 

ダイエット向きなのは、白米よりも玄米です!玄米がダイエットに向いているのには2つの理由があります。

①  歯ごたえがあるので、少量でも満足する。腹持ちが良い。

②食物繊維やミネラルが豊富で栄養価が高い

玄米は白米に比べて独特の風味がありますし、かなり歯ごたえがあるので最初は慣れないかもしれませんが、柔らかめに炊くなど工夫をしましょう。

 

 

 

小麦粉のパンよりも、全粒粉のパン

 

パンなら白い小麦粉を材料に作ったものよりも、全粒粉を材料にしたパンを食べましょう。パン屋さんに行けば、すぐに判断できますよ~!全粒粉のパンは、見た目が茶色で食感はパサパサしています。ドイツパンなどをイメージして頂ければ良いと思います。

 

 

 

うどんより蕎麦

 

D1407163

 

 

実は、蕎麦よりもうどんの方がカロリーは低いのです。ですが、蕎麦の方がミネラル・食物繊維が豊富に含まれますので美容には効果的ですし、食べた際の血糖値の上昇もなだらかなのでダイエットには適しています。

 

炭水化物を食べないようにするダイエットではなく、白色→茶色に変える事でダイエット

効果があるのは嬉しいですよね。慣れるまでは、白い炭水化物の方が美味しく思えるかもしれませんが、それは長年食べてきたからです。玄米や全粒粉のパンも香ばしくて美味しいですよ!

PAGE TOP ↑