1か月で体脂肪を5%落とそう!簡単に体脂肪が落とせる3つのコツ

2014/08/20発見・考え方コメント(0)

D1408141

 

 

 

女性は男性よりも、体脂肪が高いのは仕方のないことです。筋肉の量も基礎代謝も違いますし、やはり出産という大仕事をする役目のある女性は、ある程度体脂肪があるべきなのです!でも、体脂肪が30%を超えると・・・あれ?ちょっとやばいなぁと焦りますよね。

食事の量を減らしてダイエットに成功した友人の中には「体重は減ったけど、体脂肪は全然変化がなくて困っている」という人もいました。

そう!体重が減ったからと言って、体脂肪が減るとは限らないのです。そこで今回はこんなテーマにしてみました。題して「1か月で体脂肪を5%落とそう!簡単に体脂肪が落とせる3つのコツ」です!

 

 

 

コツ1:たくさん筋肉を付けよう

 

脂肪を燃やすには、何が必要なのか?それは筋肉です!

筋肉量が増えると、その分基礎代謝がアップするので脂肪燃焼効果もアップするのです。

筋肉量を増やすには、肉・魚・卵などのたんぱく質をきちんと摂取して、筋肉トレーニングをするのが一番効果的です。

 

 

コツ2:1日3食を規則正しく

 

 

D1408142

 

 

お相撲さんは、太るために1日2食にしますよね。食事の間隔が空くと、身体は一時的に「飢餓状態」になってしまうので、次に体内に入ってきた食事を身体の中に蓄えておこうと作用するのです。それによって、体脂肪が増えていきます!

よって体脂肪を増やしたくなければ、1日3食を規則正しく食べるべきなのです。

 

 

コツ3、食事量を減らすのではなく、有酸素運動で減らす

 

 

D1408143

 

 

食事量を減らすと筋肉量が落ちるので、残念ながら代謝も落ちます。よって食事量を減らすダイエット方法ではなくて、運動で身体の内側の脂肪を燃やして体重を落とすようにしましょう。1日30分程度のウォーキングを続けるなど、運動を日課としてください。

 

以上、体脂肪を減らすには「筋肉」がとても大きな役割を担っていることが分かりました。

毎日の筋トレと1日30分程度の有酸素運動を毎日続ければ、きっと体脂肪にも嬉しい効果があるはずです!

PAGE TOP ↑