痩せたい方はノンアル習慣☆お酒がダイエットの天敵である3つの理由

2014/08/28ドリンクコメント(0)

D1408211

 

 

 

夏はビールが美味しい季節!そして冬になったら熱燗やホットワインが飲みたくなりますよね。お酒を飲みながら友達と過ごす時間はすごく楽しいものですし、仕事で落ち込んだ時に一人で飲むお酒も何だかじんわりいいものです。

お酒の良さを語りたいのは山々なのですが・・・残念ながらダイエットにはNGです。毎日お酒を飲んでいる限りは痩せません!そこで今回は、お酒がダイエットの天敵である3つの理由をご紹介します。お酒好きな方にとっては、ダイエットを取るのか?お酒を取るのか?苦渋の決断になると思いますが・・・。

 

 

 

理由1、お酒は液体だけどカロリーのかたまり

 

D1408212

 

 

カツ丼やステーキなどは見るからにカロリーが高いことが分かりますよね。けれど、お酒は液体なので、なぜか太るようには見えません。水のように流れ出てしまうのでは?という錯覚に陥ります。けれど実際にお酒は、かなりカロリーが高いので注意しなければなりません。例えば、カクテル1杯は大体250~300キロカロリーでご飯茶碗1杯分です。ですからちょっと飲みに行くだけで、800~1000キロカロリーを摂取していることも普通なのです。

 

 

 

理由2、お酒を飲むと食欲が倍増する

 

D1408213

 

 

お酒を飲んだあとは、なぜかラーメンが食べたくなってしまう。お酒を飲んだ次の日は、食欲が倍増してしまうなんて、経験はありませんか?

実はお酒を飲むことで、脳に満腹刺激を与える「レプチン」という物質の発生が抑えられるので、食欲が増してしまうのです。

 

 

理由3、お酒を飲むと開放的な気分になってしまう

 

お酒を飲むと、何だか開放的な気分になりますよね。小さな事は気にしなくなってしまうという意味です。

お酒を飲む前は「太るから飲み過ぎないようにしなきゃ」と思っていても、ホロ酔い気分になってくると「今日くらい大丈夫でしょ!?」なんて開き直ってしまう方が多いです。

 

本気で痩せたいと思うのなら、厳しい食事制限をする前に、しばらくアルコール摂取を控えてはいかがでしょうか?きっと総摂取カロリーが減るので、徐々に体重が減っていくと思います。「美しさ」を手に入れるためには、時に我慢も必要です。

PAGE TOP ↑