ダイエット中の方必見☆「夕方4時・有酸素運動は10分」を記憶して!

2014/09/15発見・考え方コメント(0)

D1409111

 

 

 

ダイエットを頑張っているのに、なかなか成果が出ないとやる気が失せてしまいますよね。

ですがダイエットにはコツがありますので、ただがむしゃらにすれば良いというわけではないのです。

そこで今回は、もっと効率的に出来る方法をご紹介していきます!

ここでダイエッターの方にお願いがあります。「夕方4時」と「有酸素運動は10分」というワードを記憶して頂きたいのです。

さぁ、一体どのようなことなのでしょうか?

 

 

 

記憶ワード1:「夕方4時」

 

ダイエットに運動が効果的なのは、皆さんご存知だと思いますが、運動に効果的な時間があるのです!それが・・・夕方の4時です。だから夕方4時を記憶して頂きたいのです。

 

 

果たしてその理由は・・・

 

D1409112

 

 

運動の効果を上げるには、緊張やストレスを高める「交感神経がたくさん出ている時間」に取り組むことが大切です。逆に、リラックス効果を高める「副交感神経がたくさん出ている時間」は、運動には不向きなタイミングとなっています。

交感神経が高い時は、体温も高まる傾向にあるので、結論としては「1日のうちで1番体温が高くなる時間=運動効果が出る時間」となります。皆さんあまりご存知ではないと思いますが、1日のうちで1番体温が高いと言われるのが「夕方4時」です。

お仕事をしている方はなかなか難しいと思いますが、週末の休みを利用して運動をするなら「夕方4時」に行うようにしましょう。

 

 

注意点

 

夕食前でエネルギーが低下しています。低血糖などを起こさないように、軽食を摂取しましょう。

バナナやクッキーなどで十分です。

 

 

 

記憶ワード2:有酸素運動は「10分」

 

これは、有酸素運動は「10分」でよいという意味です。

皆さん有酸素運動は、ゆっくりと長時間する方が良いと思っていませんか?

実は、長時間する必要はありません。ここでダイエッターの方、注目です!

なんと、たった10分でダイエット効果があるのです。

 

 

果たしてその理由は・・・

 

D1409113

 

 

確かに体内の脂肪は、長時間運動をすればするほど使われるのは事実です。

ですが、長時間の運動でなくても体脂肪を燃やす働きはあります!有酸素運動ならば長時間行わなくてもたった10分でも効果はあるのです。10分の運動ならば、毎日実行するのもそれほど苦にはならないですよね!一駅分の距離を歩いたり、いつもより遠いスーパーに行くなど日常生活の中でもたった10分の運動ならすぐに出来ます。

 

 

注意点

 

とは言え、たった10分の有酸素運動を月に1回行っても、ほとんどダイエット効果はありません。

毎日続けなければ意味はないのです。よって、根気強く10分運動を続けられる方にオススメします。

 

以上、「夕方4時」と「体脂肪は10分」というキーワードはダイエットを成功させるために、ぜひ覚えておいてください。

世の中の女性ダイエッターの皆さん、効果的なダイエット方法で効率良く痩せていきましょう!

 

PAGE TOP ↑