寝ながら痩せる秘訣は、成長ホルモン・筋肉量・快眠にあり!

2014/09/21生活コメント(0)

 D1409161

 

 

 

 

身体が起きている時間だけが、ダイエットの時間だと思っていませんか?実はダイエットは寝ている間にもできるのです!

 

「え?寝ていたら運動もできないじゃない」と思うかもしれませんが、確かにその方の言うとおり、寝ているのですから運動はできません。

ですが寝ている間にも、痩せやすい身体を自分で作ることはできます。ポイントは、「成長ホルモン・筋肉量・快眠」の3つです。

一体、これら3つと寝ている間のダイエットがどのように関係しているのでしょうか?

早速ご紹介していきます。

 

 

 

成長ホルモンとダイエットの関係性

 

成長ホルモンは大人になったら、もう関係ないのでは?と思うかもしれませんが、大人になっても成長ホルモンは、私達の身体の健康維持には欠かせません。

実は、寝ている最中に分泌される成長ホルモンには、脂肪を分解し筋肉を作る働きがあります。女性は男性よりも筋肉量が少ないにも関わらず体脂肪率は高いので、起きている間だけでなく、寝ている間も成長ホルモンを意識するのはとても大事なのです。

 

 

筋肉量が増えれば痩せやすくなる!それには、成長ホルモンが必須

 

D1409162

 

 

代謝をアップさせるには、筋肉量を増やすことが1番の方法です。では、どうやって筋肉量を増やせばいいのでしょう?

筋肉を作るためにはタンパク質は欠かせない栄養素です。そのため夕食に、鶏のささみや豆腐といったたんぱく質が多く含まれた食材を沢山摂取して、寝ている間に筋肉量が増えやすい環境を作ってあげましょう!

 

 

快眠できる人は、痩せる!

 

D1409163

 

 

寝不足は、ホルモンバランスが乱れて「太りやすい体質」になってしまいます。

そのためしっかりと睡眠をとって、ホルモンバランスの調整や成長ホルモンの分泌を促すようにしていきましょう。これは、筋肉量を増やすのにも良いアプローチになので、

さまざまな相乗効果が期待できると言えますね。

 

以上、寝ている間に痩せられるかどうかは、きちんと成長ホルモンを出すことが出来るかにかかっているのです。

少なくとも22時~24時までの間に熟睡している状態にいるようにしましょう!

PAGE TOP ↑