ちょっと知るのが怖いかも・・・痩せない人に共通している3つの生活習慣

2014/10/10痩せない悩みコメント(0)

D1410081

 

 

 

「食事に気を付けているのに、なかなか痩せない」

「どうしてこんなにダイエットを頑張っているのに、痩せないのだろう」

1人1人体型が違うように、ダイエット効果も人それぞれです。

その中で、厳しい食事制限や運動を続けても全く効果がないという人は、もしかしたら痩せない理由が他にあるのかもしれません。

そこで今回は、「痩せない人に共通している3つの生活習慣」と題して、

ダイエットに効果が出ない方にありがちな行動についてお話ししていきます。

もしかして当てはまっているかも!?と見るのが、少し怖くなってしまう気持ちも分かります。ですが、今から改善すれば良いのです!一緒に見直していきましょう♪

 

 

慢性的な睡眠不足

 

睡眠不足になると、空腹を感じる「グレリン」というホルモンがたくさん分泌されてしまいます。起きている時間が長いと、その分空腹度を感じやすくなり摂取カロリーが自然と増えてしまうのです。

反対に、しっかり睡眠をとると食欲を抑える「レプチン」というホルモンが分泌されるので、身体がダイエットに適した状態になります。

ちなみに、平均睡眠時間が7~9時間の人に比べて、4時間以下の人が肥満になる確率は、何と1.7倍にもなると言われています。

 

 

日常的に強い電磁波を受けている

 

D1410082

 

 

冬になると、ホットカーペットや電気毛布を肌身離さず身体にくっつけているという人は要注意です。

それらの電化製品からは強い電磁波が発せられているので、浴び続けると血液がドロドロになって血行不良になってしまう可能性があるのです。

血行不良になると、体内に毒素や老廃物が溜まりやすくなってしまうので、全身がむくみやすくなります。

電磁波の強い製品を使用する時は、時間を決めたり、一定の距離感を保って使用するようにしていくのがオススメです。

 

 

調味料をよく使っている

 

D1410083

 

 

ダイエットのためにサラダを食べていても、オイルたっぷりのドレッシングをたくさんかけていては、何の意味もありません。

揚げ物や炭水化物を控えるなど食事メニューに気を付ける人はたくさんいても、調味料にまで気を遣える人は限られてきます。

マヨネース・ソース・ケチャップ・オイルドレッシング・クリーミードレッシングなどは想像以上にカロリーがあるので、使用する際は摂り過ぎに気を付けましょう。

PAGE TOP ↑