食べながら痩せる食材を大特集☆究極の7品目をご紹介

2014/11/16食材コメント(0)

D1411121

 

 

ダイエット中はなるべく食欲を抑えて痩せるというのが、一般的な考え方です。

けれど、ダイエットは長丁場!ずっと我慢した状態が続くと、知らぬうちにストレスが溜まって暴飲暴食を招く可能性もあります。

 

そこで今回は、食べながら痩せる7個の食材をご紹介します。毎日何気なく食べていた食材が、実はダイエット食材かもしれません。

早速、一緒に確認していきましょう。

 

 

ギバサ

 

別名アカモクという、海藻の仲間です。ミネラルや食物繊維が豊富に含まれているので便秘解消に効果的です。

ダイエット中は食事量が減るので、便秘になりがちです。そこでギバサの栄養素がとても役に立つのです。

 

 

ブラックチョコレート

 

D1411122

 

 

カカオ含有量が高いブラックチョコレートは、低GI値の食品なのでダイエットに向いています。

またチョコレートを食べた後に運動をすると、食べずに運動した人よりもBMI値が低下したとの研究結果も出ています。

 

 

グレープフルーツ

 

グレープフルーツの爽やかな香りは、食欲防止効果があり、痩せる香りと呼ばれています。

またグレープフルーツを食べると、血糖値が急に上がり過ぎるのを防いでくれます。

まさにダイエット向きのフルーツと言えるでしょう。

 

 

おから

 

水を吸って膨れるので、とても腹持ちの良い食材です。低カロリーなので、ダイエット中のカサ増し食材として使われています。

食物繊維が豊富なので、腸内のお掃除をしてくれる万能食材です。

 

 

レバー

 

脂肪燃焼にとても効果的な食材です。なぜなら、代謝を促進して脂肪燃焼効果をアップさせるビタミンB2が豊富に含まれているからです。

苦手な人も多い食材ですが、積極的に食べることをオススメします。

 

 

ゴーヤ

 

ゴーヤの種に含まれている共益リノール酸という成分に注目です!

共益リノール酸には、脂肪を分解する働きがあるリパーゼという酵素を活性化する働きがあります。ですから脂肪燃焼効果をアップし、太りにくい体質になるのです。

 

D1411123

 

 

モヤシ

 

あまり味もしないので、一見栄養がないと思われてしまいがちなモヤシ。

実は、食物繊維やビタミンが豊富なダイエット向きの食材なのです。食物繊維の力で腸の中がキレイになると、消化・吸収作用がアップします。

それにより、痩せやすい体質に変えてくれるのです。

PAGE TOP ↑