泳げなくてもOK!プールは入っているだけで脂肪を燃焼する!

2015/02/16発見・考え方コメント(0)

D1502071

 

 

プールはダイエットに最適!

 

プールで泳ぐことはジョギングの3倍ものカロリーを消費するなど、水泳がダイエットに良いということは広く知られていますよね。ただ、泳げない場合は水中ウォーキングくらいしか出来ないので、あまりプールに行くメリットが無いと思っていた人もいるかと思います。

 

しかし、プールは「泳がなくても浸かっているだけでダイエットに良い」という報告があったのです!

 

 

体が冷えると…

 

体が冷えると代謝は落ちます。これは体の内部が冷えている、いわゆる「芯から冷えている」といった状態のことを指します。代謝が落ちると痩せにくい体になると言われていますよね。

しかし、体の内部ではなく体の周りの「外気」の温度が低い場合には、体は体温を上げようと活動を始めるので、なんと代謝は上がるんだそうです。

 

水温が25度前後の温水プールに浸かっている状態は、まさに「外気が低い」状態です。体温を維持しようと代謝が上がるため、プールに浸かっているだけでも脂肪を燃焼しようと、体が勝手に頑張ってくれるのです!

浸かっているだけでも脂肪燃焼を促進してくれるプールですから、これに水中ウォーキングやビート板を使ったバタ足、もちろん泳げる人なら水泳を合わせて行えば、そのダイエット効果はますますUPしますよね。

 

 

内蔵の冷えには要注意!

 

先にも挙げたとおり、内臓まで冷え込んでしまうと代謝は下がり、ダイエットには逆効果になってしまいます。あくまでも「外気温が低い」ということがポイントになりますので、温かい物を飲むなどして内臓をしっかり温めた状態にしてプールに入ることをオススメします。

冬のプールは、帰宅までの外気で体を芯まで冷やしてしまうことが無いように、プール上がりに一度しっかりと体を暖めるように心掛けてくださいね!

PAGE TOP ↑