ダイエットのための「水1日2リットル」が痩せられない原因?!

2015/04/13痩せない悩みコメント(0)

D150405

 

 

「水1日2リットル」は危険?!

 

毎日2リットル程度の水を飲むと美容に良い、という話を聞いた事はありませんか?

その効果として、体内の老廃物を効率に排出できるようになるため、ダイエットにも美肌にも良い、などと言われています。

しかし、その美容のために飲んでいるはずの水が、もしかしたら「痩せられない原因」になっているかもしれないのです!

これは一体どういうことなのか、さっそくご説明しましょう。

 

 

「水」と「水分」は違う!

 

毎日2リットルの水を飲むために、2リットルのペットボトルや500ミリリットルのペットボトル×4本を1日分として飲んでいる人をたまに見かけます。

しかし、そもそも「毎日2リットル」というのは水そのものではなく「水分」のことを指しているのです。食事などでも水分は摂りますよね。例えば、スープや煮汁、お茶などでも水分は摂取しています。

これらの水分量を考慮せずに2リットルもの水を飲んでしまうと、水分過多になってむくみを引き起こしてしまう可能性があるのです。

 

むくみは放置しておくと蓄積してしまう、いわばダイエットの大敵です。美容やダイエットのためにと飲んでいた水のせいでむくみを引き起こしてしまっては、まさに本末転倒ですよね。

 

 

ライフスタイルに合わせた水分量を心掛けよう!

 

日頃から激しい運動をしている人なら、大量の汗をかきますから水分は多めにとってもそんなに問題はありません。

あまり運動をしない人、お風呂をシャワーで済ませている人などは、水として飲む量は1.5リットル程度に収めておく方が無難と言えます。

また、塩分を摂りすぎると水分を溜めこむ原因となってしまいますので、水分量と合わせて塩分量などにも気を付けて摂取するよう心掛けてみて下さい!

PAGE TOP ↑