【大発見】最も肥満になりにくい睡眠時間が判明!!

2015/04/23生活コメント(0)

D150409

 

 

毎日の睡眠時間は何時間ですか?!

 

最近よく眠れていますか?長電話や録り溜めたドラマなどを見ては睡眠不足になってしまっている人、結構多いのではないでしょうか。

夜更かしはついついクセになりがちです。もしかしたら、残業終わりで「ダイエットのために!」とスポーツクラブに寄っては帰宅が遅くなり睡眠不足に…、なんて人もいるでしょうか。

 

もしもあなたが本気で痩せたいと思うなら、睡眠不足の生活は今すぐ改善するべきです!

 

 

睡眠不足は肥満になる、という研究結果が

 

アメリカのコロンビア大学で行われた研究の中に、見逃せない結果になったものがありました。

それは、睡眠時間別に肥満になりやすい確率を調べた研究です。その研究結果によると、最も肥満になりにくいのは7時間程度の睡眠時間だということが分かったのです。

そして、睡眠時間が7時間よりも短くなればなるほど肥満になりやすい確率が上がっていったそうです。睡眠が4時間以下の人にいたっては、7時間睡眠の人に比べて肥満になる確率がなんと70%以上も高かったということです。

 

 

満腹ホルモンが関係している

 

では、なぜ睡眠不足になると肥満になりやすくなるのかというと、それには「満腹ホルモン」が関係しています。

睡眠時間が短くなると、満腹中枢を刺激するホルモンの分泌が減少してしまいます。その結果、食欲を満たすために食べる量が増えてしまうのだそうです。

上で挙げた研究結果は、言い換えれば「睡眠時間が7時間程度だと満腹ホルモンが活発に分泌されている」という結果でもあるわけですね。

 

スポーツや食事制限も大切ですが、これからは夜更かしの習慣を見直して間接的に食欲をコントロールしてみましょう!

PAGE TOP ↑