熊田曜子さんに学ぶ!豊かな胸をキープしながらダイエットを成功させる方法とは

2015/05/27話題・トレンドコメント(0)

D1505111

 

 

絶対豊胸手術だよね…。と妬んでいる人もいるはずです。

ダイエットすると、一番先に脂肪が減るのがお腹周りと胸の脂肪ですよね。

それなのに、一部の芸能人は、痩せているのにDカップ。

 

しかし、これはダイエット方法を見直すことで可能なのだそうです。

 

 

タンパク質は減らさない

 

ダイエットの基本は食事制限。やはりカロリーの高い、炭水化物や肉類は減らしがちです。

でもDカップを維持したいなら、バストアップに効果があるとされる納豆や豆乳などの大豆製品、乳製品・卵・肉を毎日バランスよく摂ることが先決。

バストアップとダイエット向きの体を作るためには、タンパク質を減らさないようにしましょう。

 

 

くびれ、を強調するメリハリボディを作る

 

ダイエット中に運動する時、「くびれ」作りを特に目指すのがポイントです。

それには腰まわし運動が一番。やり方は簡単。腹式呼吸をしながら腰だけを回すのがコツ。1日5分。なるべく2〜3回、朝・昼・夜とやる習慣をつけましょう。頭と肩はまっすぐ、身体全体を揺らすのはNGです。

 

 

ジョギングはNG

 

胸が揺れるジョギング、これは特に胸の脂肪が燃焼してしまうそうです。できれば避けて、エクササイズなどで運動量を増やして下さい。

どうしても行いたいなら、胸を揺らさないようにサラシをまくなど、しっかりと固定させましょう。

 

いかがですか。熊田曜子さんいわく、絶対に駄目なのはノーブラだそうです。これは胸が垂れて胸も小さくなる一番の原因なのだとか。

ダイエット中でも美胸をキープしたかったら、寝る時も、しっかりとブラジャーを付けて下さいね。

PAGE TOP ↑