コーヒーはもはや薬かも?ダイエット、病気予防にも効果があった!

2015/08/10ドリンクコメント(0)

D150804

 

 

あなたはコーヒーを毎日飲みますか?

その習慣をぜひ続けましょう。

コーヒーには次のような効果があるのです。

 

 

リフレッシュ効果が高い

 

カフェインのすっきり作用により、眠気や倦怠感に効果を発揮します。また、コーヒーの香りが、情緒を司る脳の部位の血流を増やすので、リラックス効果や集中力を高めると言われています。

 

 

脂肪をメラメラ燃やす

 

花王ヘルシアコーヒーで話題となった「クロロゲン酸」。コーヒーに含まれるこの成分が体脂肪をメラメラと燃焼します。またカフェインにも同様の効果があると言われています。

 

 

アンチエイジングにもなる

 

クロロゲン酸とは、ポリフェノールの一種の抗酸化物質です。これは赤ワインのポリフェノールにも匹敵すると言われています。コーヒーを飲むと皮膚のシミやシワを食い止める効果が期待できます。

 

 

病気の予防

 

コーヒーを毎日飲むと、肝臓がん、大腸がん、前立腺がん、心臓疾患、型糖尿病、パーキンソンなどのリスクを下げる効果があるという研究結果があるそうです。コーヒーはサプリメントと言っても良いかもしれません。

 

 

二日酔いに効く

 

実はカフェインを飲用すると肝臓や腎臓の働きを活性化します。利尿作用が高く、代謝が促進されます。そのため二日酔い防止や飲み過ぎた後には、1杯のコーヒーを飲むと良いそうです。

 

いかがですか。このコーヒーの凄い効果。びっくりしますよね。コーヒータイムは健康タイム、ぜひ毎日コーヒーを飲む習慣を大切にして下さい。コーヒーはほぼ0カロリーですが、ミルクや砂糖はハイカロリー。できればアメリカンで飲む事がお勧めです。

PAGE TOP ↑