生理前が効果的?豆乳を1週間飲むだけダイエットとは

2015/08/15ドリンクコメント(0)

D150806

 

 

豆乳、と聞いてすぐに「イソフラボン」と連想できるあなたはかなり女子力が高い人です。

そう、豆乳にはイソフラボンが豊富に含まれています。

 

 

新陳代謝を上げる

 

イソフラボンは女性ホルモン“エストロゲン(卵胞ホルモン)”に似た働きをすることで有名です。肌の美白効果、保湿、アンチエイジングといった、お肌の美容効果をサポートしてくれたり、若々しさの維持やバストアップ効果がある事でも有名です。

 

そんなイソフラボンには体の中の脂質の吸収を阻止したり、脂肪を付きにくくして体内の新陳代謝を上げる作用があることが分かっています。まさに女性の味方といえるでしょう。

 

 

効果的な摂取方法

 

豆乳のダイエット効果を高めるには、体内サイクルが大きく関係します。皆さんは、よく生理前になると無性に甘い物が食べたくなったり、普段よりも食欲を強く感じませんか?

 

実はこれは母ホルモンと呼ばれるプロゲストロンが原因です。プロゲストロンは妊娠に備えて出来るだけ身体の代謝を抑え、脂肪や栄養分を体内に溜め込もうとします。生理前はこのプロゲストロンが多く分泌されるので、結果的に太りやすくなります。

 

生理が終わると今度はイソフラボンが分泌され、体内に溜まった余計な脂肪や老廃物を排出しようとします。その結果美肌になったり、痩せやすくなったりするのです。

 

ダイエットしたい人は、生理前の1週間から10日位に、意識して豆乳を飲んでみて下さい。そうすると体内で分泌されるプロゲストロンの働きが豆乳に含まれるイソフラボンによって阻害され、肥満を抑制してくれます。

 

これは体内で自然におこる現象ですから、無理な運動や食事制限は必要ありません。生理前の1週間から10日間、積極的に豆乳を飲みましょう。それだけで、生理が終わった段階でマイナス2キロ痩せた、という人が続出、ツイッターで話題になっています。

 

興味のある方は、ぜひ試してみて下さいね。

PAGE TOP ↑