女優シャーリーズ・セロンが実践するダイエットの「鉄の掟」とは

2015/08/26話題・トレンドコメント(0)

D150810

 

 

2004年のアカデミー賞とゴールデングラブ賞で最優秀主演女優賞、ベルリン国際映画祭では銀熊賞を受賞した作品『モンスター』。

シャーリーズ・セロンはこの主人公、連続殺人犯アイリーン・ウォーノスになりきるために13キロも体重を増やしたそうです。

 

短期間で太るために脂質や糖分をたっぷり含むドーナツを大量に食べ、毎日ダラダラと過ごした結果、飼っていた愛犬まで逃げ出したほどでっぷりして顔つきも変わったといいます。

 

そんな彼女が、映画が終わった後の4週間で、14キロの減量に成功しています。

彼女は女優として様々な役作りのために、短期間で体重を増減させる「鉄の掟」を持っているというのです。

 

 

鉄の掟とは

 

どんな魔法かとおもいきや、彼女のダイエット方法はとってもシンプルでした。その鉄の掟とは、

 

「18時以降は何も食べない」

 

ということ。たったこれだけで4週間で14キロものダイエットに成功したそうです。もちろん、定期的な運動、間食を完全に断つこと、炭水化物をなるべく摂らないといった食生活を行っている彼女だから成功したのかも知れません。

 

 

プチ断食になる

 

この方法は多くの専門家が効果があると証明しています。これはプチ断食になるのでそれだけで1週間に3~4キロ落とせるといいます。その分の燃焼エネルギーを他の肉体なり循環活動に使うことができるので、目覚めも良く、頭の冴えも良くなってアンチエイジングにも良いと言われています。

 

いかがですか。まずは2週間、この「18時以降は何も食べない」を実践してみてはいかがでしょうか。空腹が我慢できなかったら、早めに寝てしまえば良いのです。ものぐささんにはおすすめのダイエットといえるでしょう。

PAGE TOP ↑