ダイエットを決意したら絶対にするべき!3つの自己分析

2015/10/14発見・考え方コメント(0)

D1407061

 

 

 

「夏までにとにかく痩せたい!」という強い想いがついつい気持ちを急かしてしまうことってありますよね。食事量を減らす・とりあえず走ってみる・寝る前のストレッチなど効果がないわけではありませんが、もっと効率的なダイエットをするためには「計画」がとても大事なのです。でも計画を立てる前に、必要なのは「自己分析」です!今回は、ダイエットを決意したら真っ先にして欲しい自己分析法を3つご紹介します。

 

 

自己分析1:身体のコンプレックス部分をしっかり受け止める

 

D1407062

 

 

姿見の前に立って、穴が開くほど自分の姿を観察してください。出来れば裸が良いです。

そして、身体の中でコンプレックスを感じる部分を見つけていきましょう。コンプレックスを感じる部分の基準は、隠したい!と思うかどうかです。

ポッコリお腹、両足がくっついてしまいそうな太もも、大きな顔など、とにかく自分の欠点だけを見つけて、とことん落ち込んでください。この自己分析には二つの意味があります。1つ目は、コンプレックスを感じる部分をハッキリさせることで、それに応じたダイエット方法を考えればよいのです。2つ目は、散々落ち込むことで、ダイエット成功のモチベーションに繋がります。

 

 

自己分析2:普段のストレス発散方法から自分に適したダイエット方法を見極める

 

ダイエットの大敵はストレスです。ストレスが溜まってしまうと、ダイエットは長続きしませんし、ドカ食いなどのリバウンドの原因にもなってしまいます。そこで、普段あなたがどんな方法でストレス発散しているのか思い出しましょう!そしてダイエットをする時には、そのストレス発散方法を邪魔しないようにするのです。もし、ストレス発散方法が「美味しいものを食べる」だったらそれで構いません。あなたは、食事制限でなく運動でダイエットすればよいだけなのです!

 

自己分析3:ダイエットの目的を明らかに

 

D1407063

 

 

ダイエットには目的があるかないかで、頑張れる力やダイエットを続けられる根気強さに影響してきます。「太っていることをバカにした友達を見返したい!」「好きな人に振り向いてほしい」「健康診断で引っかかったから」など、より具体的な目的を自分で理解しているのといないのとでは全然違います!自分のダイエットの目的を紙に書いて、常に見えるところに貼っておくとテンションが維持できるのでオススメです。

PAGE TOP ↑